健康を保つ

このページの最終更新日は2020年5月25日です。これ以降の最新情報については、英語のページを参照してください。

健康を保つためにできることについて学ぶとともに、自分や周囲の人の感染を防止する方法を知り、ガイドラインと対処方法を理解しておくことが大切です。状態ルールを見つける

COVID-19から安全を保つことに関するに動画

  • この動画は、アムハラ語またはヒンディー語で視聴できます。これらの言語での動画制作には、Kentucky’s Office of Globalizationにご協力いただきました。

健康を保つには

お互いの健康を守るためにできる最善の手段は2つあります。「手を洗うこと」と「他の人からの距離を保つこと」です。お互いに健康を保つ努力をすれば、あらゆる人を助けていることになります。健康を保つ方法は他にもあります。その一部をここにまとめました。

心と体を大切に

誰もがコロナウイルスによる非常事態の影響を受けます。多くの人が、恐怖や孤独を感じています。米国に移住して間もなければ、より辛いことです。慣れない英語を学びながら、異文化を理解していかなければいけません。家族とは遠く離れていることもあります。難民、移民者、亡命希望者も、経験上、気丈です。親密な関係は、力となり、心の支えとなります。精神的なことや大切なことも、根強さを保ち続けるには必要なことです。

自分または周囲が不安やストレスを感じるとき

CDCによると、自分自身または大切な誰かが、悲しみ、憂い、または不安に圧倒されていたり、自分自身や他の誰かを傷つけたいと感じたりている場合は、すぐに助けを求める必要があるとしています。

  • 緊急の助けが必要なときは911番に電話する。
  • Disaster Distress Helpline(災害遭難ヘルプライン)に問い合わせるか、または1-800-985-5990(難聴者、言語障がい者対応のTTYの場合は、1-800-846-8517)へ電話するか、「TalkWithUs」というテキストメッセージを66746宛てに送信する。

家庭内暴力と虐待

家庭内暴力は、自宅でパートナーや家族によって行われる暴力です。この暴力は、人々や家族が自宅でより多くの時間を過ごしているので、COVD-19パンデミックの間に増加しています。ほとんどの暴力は妻やパートナーに対するものです。しかし、子供たちはしばしばこの暴力を見て、彼らも犠牲者になることができます。

あなたは一緒に住んでいる人を恐れていますか?

誰もが家で一緒にいるので、助けを得るために逃げるのは難しいです。しかし、あなたを助けるサービスがあります:

ここに記載の情報は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)世界保健機関(WHO)などの信頼できる情報源に基づいています。USAHelloは法的アドバイスや医療アドバイスなどは一切行っていません。また、USAHelloのいかなる資料も、法的または医学的アドバイスを提供するものではありません。USAHelloの健康情報は、米国の公衆衛生専門家で疫学者であるUSAHello理事のTTej Mishraがレビューした上で公開されています。

健康を保つことに関する質問は、[email protected] へお問い合わせください。