アメリカ人の価値観とは?なにが重要視されているの?

また英語します。いいえ英語

アメリカの価値観や重要なことを学びましょう。アメリカ人がなぜ自立、平等、時間厳守に重きを置いているのか、読んでみてください。そうすれば、アメリカ人が、ダイレクトかつインフォーマルであり、競争、労働倫理、物の売買がなぜこの国で重要なのかがわかるでしょう。

Understand American values and learn about what is important to Americans. Read why Americans value independence, equality, and being on time. You will see why Americans are direct and informal and why competition, work ethic, and buying things are all important in the USA.

アメリカの価値観とは何ですか

What are American values

アメリカ人の価値観とは

What are American values?

あなたの国では、特に伝統や文化に価値が置かれていたかのしれません。アメリカ合衆国では、他にも重要な価値観があります。以下のことが、アメリカ人にとって最も重要なものです。

In your country, you probably had strong traditions and culture that you valued. In the United States, there are also important American values. These are the things that are most important to Americans.

自立

Independence

アメリカ合衆国で重要な価値の一つが自立です。独立主義とも呼ばれ、アメリカ人にとって自立し、自給自足はできることは誇らしいという考えがあり、他者にも自立を求めます。例えば誰かが目標を達成した時は、その人の勤労の証と考えられる傾向があります。そこが集団主義の他国とは違う点でしょう。集団主義の文化ではその家族やコミュニティ全体の達成とされることが多いです。

One of the main values in the United States is independence. Independence is sometimes referred to as individualism. Americans are very proud of being self-reliant, or being able to take care of themselves, and they tend to think others should be self-reliant as well. When someone reaches a goal, that is typically seen as the result of his or her own hard work. This is different than in many other cultures which are more collective. Collective cultures tend to see accomplishments as a reflection of an entire family or community.

アメリカ人がどれだけ自立心があるか、例を挙げます。

Here is an example of how Americans value independence:

  • アメリカの子どもたちは、他の国より早く家を離れる傾向があります。例えば, 高校卒業後は、大学進学や就職のため、上京します。もし家に残る場合は、家賃を払ったり、家の手伝いなどをするよういわれます。
  • アメリカ人は、生活していくためにも、自分で働くことができる人を求めます。
  • American children tend to leave the home earlier than in other cultures. For example, after graduating high school, many children move out to go to college or start working. If they continued to live at home, they might be asked to pay rent or contribute to the house.
  • Americans expect anyone who is able to work to do so in order to support themselves.

プライバシー

Privacy

アメリカ人は、プライバシーと自分のスペースに価値をおきます。プライベートを持つことが悪いこととされる文化もありますが、多くのアメリカ人は、1人の時間を持ったり、決まった話題にはプライバシーを守ることがあります。

Americans value privacy and their own space. While in some cultures wanting privacy may be seen as a bad thing, many Americans like to have alone time and may be private about certain topics.

アメリカ人のプライバシーに関する例がこちらです。

Here are a few situations related to the American value of privacy:

  • アメリカ人は会話中、周りと揉めるのを避けるため、ある特定のことについて避けることがあります。自分の年齢や収入、政治や性、宗教などに関して、プライバシーを守ることがあります。しかし、もしこれらについてご質問があれば私たちがお答えします。アメリカ人がどのように世界を見ているのかお教えします。
  • アメリカ人は、公共の場では、他の文化よりもプライベート空間を保ちます。立っているときは、たいてい腕を伸ばした時くらいの距離くらいスペースを保ちます。
  • 多くのアメリカ人は、プライバシーを確保するために家にフェンスをおくことがほとんどです。子供のボールやおもちゃがフェンスを越えてしまい、おもちゃを取りに行くのは一般に悪いこととされており、玄関のドアをノックするかベルをならすのが常識です。もし不在の場合は、朝8時から夜8時までの間におもちゃを返してくれないか尋ねたりします。プライバシー保護のために番犬などがいる場合もあるので、それが安全で尊重された方法でしょう。特にお年寄りは平和で静かな場所を求め、邪魔されたくない場合もあります。空いていたゲートはそのままですが、それ以外のゲートの開け閉めは必須です。
  • 寝室は、大抵プライベート空間とされます。隣人や友人はキッチン、ダイニングルームやリビングルームで迎えます。親子で別の寝室を持つ傾向もあり、多くの子供達が自分の寝室を持っています。
  • In conversations, many Americans are private about certain things and do not want to talk about them, such as their age, how much money they make, or their political, sexual and religious views. Some people do not like talking about these subjects in public because they are worried it will cause people to argue. However, if you have questions about these topics, you can ask us. Most Americans will be happy to teach you about how Americans view the world.
  • Americans often give each other more space in public situations than people in other cultures. They tend to stand with a bit of space between them, typically the distance of an outstretched arm.
  • Many Americans have fences around their houses to ensure they have privacy. If your children lose a ball or other toy over a neighbor’s fence, it is generally a bad idea to jump over the fence and retrieve the toy. Instead, go to the front door and knock or ring the bell. If there is no answer leave a note on the door, asking permission to retrieve the toy between 8am and 8pm. This is both respectful and safe, as some people have guard dogs or may be very protective of their privacy. Elders in particular typically need more peace and quiet and may not want to be disturbed. If you open a gate you must close it. However, if you come to an open gate, leave it open.
  • Bedrooms are usually considered private spaces. Neighbors and friends are entertained in the kitchen, dining room or living room. Parents and children tend to have their own bedrooms, and often, American children each have their own bedrooms.

以上は、文化によって異なるをプライバシーのほんの数例です。

Those are just some examples of privacy that may be different in your culture.

正直さ

Directness

アメリカ人はとても正直なため、自分の意見を相手に伝えたり、自分がしたいことを自信をもって伝えます。アメリカでは、自信があることはいい事とされています。

Americans are often very direct. This means they often tell you what they think and they will be assertive about what they want. Being assertive is generally seen as a good thing in America.

アメリカンスタイルの正直な性格についての例はこちらです。

Here are some examples of American-style directness:

  • いくつかの文化では、誘いを断ることは悪いとされています。例えばランチを一緒に食べないか誘われたらハイと答えますが、行かなかったりすることもありますね。アメリカでは、「ごめんなさい、でもありがとうございます。」もしくは「ありがとうございます、でも別の予定がありまして。」などという方が良い答え方です。もしはいと答えて行かなければ相手はがっかりしてしまうかもしれません。
  • 会話中、アメリカ人があなたの意見に同意しなければそう伝えます。それはあなたが嫌いだからではなく、別の考えがあるだけです。
  • 「面目を失う」というアイディアはアメリカでは異なります。「losing face」の翻訳は、「恥ずかしい」で、それほど深刻なものではありません。例えば、アメリカ人は、批判されたり、ミスをしたりしたら、恥ずかしいと思うかもしれません。なので、アメリカ人があなたをミスしたことを批判したなら、単に単に訂正または有効な情報としていっているだけです。
  • クラスで、アメリカ人は先生の考えに意見することがあるかもしれません。いくつかの文化では先生に反対することは失礼かもしれません。
  • 助けを求めることは決して失礼なことではありません。もし友人や隣人など誰かが何か助けが必要か尋ねてくれたら、本当に助けたいという証拠です。「もしお店に行くなら、オレンジがあれば、袋に入れて持ってきてもらえますか? お金は後でお支払いします。」などといってもいいですし、もし冬服が欲しいけど、どこで買えばいいかわからない時も、「子供達に冬用のコートとブーツを買いたいんですけど、どこかいいところ知ってますか? 」などと聞いても構いません。ほとんどのアメリカ人は手助けをするのが好きで、少しの励ましで良い友人や隣人になることができます。
  • In some cultures, it is rude to decline an invitation – for example, if someone asks you for lunch, you may say yes, but then not go to lunch. In America, it is almost always better to say, “No, but thank you” or, “Thank you, but I have another commitment.” If you say yes to an invitation but do not go to the event, the person might get upset.
  • In conversation, if an American disagrees with your opinion, they might tell you. This does not mean they do not like you, just that they may have a different idea.
  • The idea of “losing face” is not the same in America. The translation for “losing face” would be “embarrassed,” which is less serious. Americans may be embarrassed if they are criticized or make a mistake, for example. So Americans may point out mistakes or criticize you, simply intending it as a correction or useful information.
  • In classes, Americans may challenge their teachers’ ideas. In some cultures, it is impolite to disagree with your teacher.
  • It is never is rude to ask for help. If a friend or neighbor asks you if you need anything, they truly want to help. Feel free to say, “If you are going to the store and you walk by the oranges, please pick me up a bag, and I’ll pay you for them.” Or, if you need winter clothes for example, and you’re not sure where to buy them, it is OK to ask, “Do you have any suggestions for where I can buy inexpensive coats and boots for my children?” Most Americans love to help, and need very little encouragement to become good friends and neighbors.

原則として、失礼に見えることが必ずしもそうではないことを覚えていてください。アメリカ人は失礼をしようと思っているわけではありません。ーただ正直なだけです。

In general, it is good to remember that what may appear rude is not intended that way. Americans are not trying to be rude – they are just being direct.

平等

Equality

アメリカの独立宣言を宣誓します。「人は皆平等に作られている。」現実には、アメリカ合衆国の一部の人々は市民を平等に扱っていませんが、多くのアメリカ人が平等という考え方を強く持っています。アメリカの過去の歴史では、アフリカ系アメリカの人奴隷のように、平等に扱われなかった例もあります。しかしながら、アメリカ人は、全ての人に平等な機会を与えるという考えを信じています。これは、「アメリカン・ドリーム」という言葉からも分かります。アメリカン・ドリームを夢見た早期の移民も多く、一生懸命に働けば、社会の一員になれると信じていました。

The US Declaration of Independence declares, “All Men Are Created Equal.” In reality, some people in the United States do not always treat all citizens equally, but many Americans feel very strongly about the idea of equality. There are many examples in American history where all people were not treated equally such as slavery of African American (black) citizens. However, Americans like to believe the idea that all people should have equal opportunities. This idea is a part of what is called the “American Dream.” Many early immigrants moved to America to follow the American Dream. They believed that if you worked hard, you could move up in society.

今では、アメリカン・ドリームは真実ではないという人がますます増え、一生懸命に働いている多くの人々が十分なお金を受け取れていません。バックグラウンドが良い人ほど簡単に世界中へと進んでいます。それでも、平等はアメリカの文化の重要な一部です。

Today more and more people realize the American Dream is not true. Many people who work very hard do not have very much money. Often people who come from privileged backgrounds have an easier time moving up in the world. Still, the idea of equality is an important part of US culture.

こちらがアメリカ文化の平等のいくつかの例です。

Here are some examples of equality in American culture:

• 法的に、全てのアメリカ人は平等に扱われるべきであり、すべてのアメリカ人弁護士によっての代理への権利があります。.

• In legal situations, all Americans should be treated equally and all Americans have a right to representation by a lawyer.

• クラスでは、すべての学生はが教師に平等に扱われるべき.であり、好みの学生をしじするべきではありません。.

• In a classroom, all students should be treated equally by their teachers. No student should be favored.

• 男性と女性は平等に扱われるべきであり, 男性が女性よりも優れているとはみなされるべきではありません。現実には、アメリカ社会は、特に賃金の面で、多くの女性が今でも男性と同じステータスを持っていません。

• Men and women should be treated equally, and men are not viewed as better than women. In reality, many women still do not have the same status as men in American society, especially in terms of how much money they can make.

アメリカでは、社会的階層またはカースト システムは強くありません。敬意を持って扱ってもらえることを期待する人々は、平等にするでしょう。例えば, 子供たちは、年上の大人をファースト ・ ネームで呼部ことができます。もしあなたがそう呼ばれたら、異文化であることを理解し、失礼で言ってるわけではないことを覚えておきましょう。

• In America, there is not a strongly embedded social hierarchy or caste system. Sometimes people who you might expect to treat you with respect may treat you as an equal. For example, children may call an older adult by their first name. If this happens to you, try to remember they are not being rude, but they have a different cultural value.

• アメリカ人は、自己紹介の時に自分がどう呼ばれたいか話す場合があります。教師もしくは教授が「ルーシー」または「ドクタールーー」と自己紹介していたら、そう呼んであげるべきでしょう。もしくは、「ドクターウィルソン」と自己紹介していたら、そう呼ばれたいということになります。

• Sometimes Americans will tell you how they prefer to be addressed when they introduce themselves. If a teacher or a doctor introduces herself as “Lucy” or “Doctor Lucy”, that is how you should address her. If she introduces herself as Dr. Wilson, that is what she prefers to be called.

いまだに残っている階層階級を知っておくと良いでしょう。それらは、個人での成功に基づいている傾向があります。(仕事、富、教育など)

It is useful to know that there may still be invisible hierarchies among people. These tend to be based more on individual success: for example, someone’s job, wealth, or education.

インフォーマル

Informality

American values
アメリカの文化は、インフォーマルです。アメリカ人は教会にもジーンズで行きます。撮影者:アマンキー・マース

American values
American culture is informal. Americans often even wear jeans to church. Photo by Amancay Maahs.

アメリカ社会はインフォーマルでリラックスしています。

American society is often informal and relaxed.

ここでは、どのようにアメリカ合衆国がインフォーマルな文化であるのか例を挙げます。

Here are some examples of how the United States is an informal culture:

• アメリカ人は、仕事、学校、教会ですらジーンズや短パンを履くほどカジュアルな洋服でいることが多いです。仕事初日は、フォーマルな服を着て行き、その後は周りの人たちがどのような服を着ているかで何を着るか決めてもいいでしょう。

• Americans may dress casually, such as wearing jeans or shorts even at work, school, or church. When you first start a job, it is a good idea to dress more formally and then to choose your attire based on what the people around you are wearing.

• 誰かに挨拶するとき、“アメリカ人は、Hi”または“Hello.” と言いますよね。これは息子さんに話すときや先生に話すときなど、話してる相手に関係なく同じ言い回しをします。言語にフォーマルまたはインフォーマルという区別がないのです。

• When greeting someone, Americans tend to say, “Hi” or, “Hello.” You use the same greeting no matter who you are talking to: your son or your son’s teacher. The langauge does not have formal and informal forms of greeting.

• アメリカ人同士ではファーストネームで呼び合う傾向があります。ですが、ビジネスや学校などでフォーマルな場面でファーストネーで読んでいいかまだ聞いてない段階では、ラストネームで呼ぶ方がいいでしょう。

• Americans tend to call each other by their first names. In some situations, however, it is better to be more formal and to use last names until you are asked to use a first name – for example, in a business situation or at school.

• アメリカのインフォーマルな文化を知って驚いたかもしれませんが、インフォーマルは、決して失礼なことではありません。実際にファーストネームで挨拶している場合は、むしろフレンドリーだと捉えられるでしょう。

While the informality of US culture may surprise you, it is not meant to be rude. In fact, if someone greets you informally and calls you by your first name, it probably means they think of you in a friendly way.

競争心

Competition

アメリカ人は、競争心があり自分の目標を達成するために一生懸命になります。競争心はアメリカ人をとても忙しくしています。多くのアメリカ人は、競争心が良い事と思っています。

Americans can be competitive and often work hard to achieve their goals. Competition often leads Americans to be very busy. Many Americans view competition is a good thing.

ここでは、アメリカ人の競争心への価値観についての例を挙げます。

Here are some examples of the American value of competition:

• ビジネス競争は、資本主義経済の大部分が原因です。アメリカのビジネスモデルは、顧客や最高価格のために競争しています。

• Competition in business is due in large part to the capitalist economy. America’s business model is to compete for customers and for the best prices.

• アメリカ人は多くの活動を計画し、幼い子供達は、スポーツや音楽レッスン、ボランティアなど多くの課外活動に参加します。アメリカ人は休む間も無く忙しいと感じることがあるかもしれませんが、多くのアメリカ人は多くのことを成し遂げることが気持ち良いと感じます。

• Americans will schedule lots of activities. Even young children participate in lots of activities outside of school, such as sports, music lessons, and volunteering. Sometimes you may feel like Americans are “rushing around” with little time for relaxing. But many Americans they feel good when they get a lot done.

• 競争心は、学校、職場、スポーツの場で見られます。例えば、生徒はベストな成績を得るために一生懸命勉強します。また、サッカーチームや勉強会などグループに属して、競うこともあります。

• Competition can be seen in school, in the workplace, and in sports. For example, students may work hard to achieve the best grades. Sometimes competition involves groups, such as a soccer team or a school study group.

• アメリカ人は、自分自身と競うこともあります。多くのアメリカ人は、自身の改善のため努力をします。例えば、走るレースでタイムを縮めたり、仕事では、前の年よりも多くの商品を売りたいと思います。

• Americans may also “compete” with themselves. Many Americans work hard to keep improving at what they do. For example, they may want to run a race faster than they did last time or they may want to sell more items at their job than they did the year before.

このように、その競争的価値観は、競争より集団という文化から来た人には、衝撃的かもしれません。

Overall, the value placed on competition may cause you to feel some culture shock, especially if you came from a culture that is more collaborative than competitive.

時間と効率性

Time and efficiency

アメリカ人は、時間にかなりの価値を置いています。アメリカ人は、誰かまたは何かが自分の時間を無駄にすることに不満を感じます。いくらかのアメリカ人は、自分の時間を慎重に計画するために、自分用と仕事用のカレンダーをわけて使っています。それに関してのアメリカの格言は、「時は金なり」です。この格言は、多くのアメリカ人が時間を効率的に使いたいという意味でもあります。ー最短時間で最高のパフォーマンスをする、ということです。

Americans place a lot of value on their time. Americans may feel frustrated if they think someone or something has wasted their time. Some Americans plan out their time carefully, using daily calendars for both their personal lives and their work lives. There is a saying in America: time is money. This means many Americans like to use their time “efficiently” – they want to get the most done in the shortest amount of time.

今まで慣れていたことと違うかもしれません。ビジネスの契約場面では、相手をよく知るために、カフェでお茶やコーヒーを飲んだりするときもあります。アメリカではよくあることです。

This may be different from what you are used to. When making a business deal, you may spend time getting to know the other person, maybe while drinking tea or coffee. In the United States, this is often not the case.

ここでは、時間を大事にするいくつかの場面を挙げます。

Here are some situations in which you might want to be aware of time:

  • 会議(特に仕事の場面): 少なくとも5分前にその場所にいることが常識です。
  • アポイントメント: ドクターとのアポイントメントやそのようなアポイントメントがある場合は、時間通りに到着する必要があります。もしかしたら、アポイントメントまで待たなければいけないこともあるかもしれません。しかし、時間通りにいるということが大切であり、そうでない場合は、アポイントメントを取り直さなければならないかもしれません。
  • 友達と遊ぶとき:誰かの家のディナーに招待された場合は、時間の上に行くようにしましょう。-5分もしくは10分遅れる程度なら良いですが、それ以上遅れる場合は、電話するか知らせる必要があるでしょう。
  • パーティー:小さなパーティーでは、15分前後に着くようにしましょう。大きなパーティーでは30分から40分ほど遅れても平気です。
  • Meetings, especially for work: You should try to be on time – probably even 5 minutes early.
  • Appointments: If you have a doctor’s appointment or some other kind of appointment, you need to arrive on time. You may still have to wait for the appointment. However, it is important you are on time or you may have to reschedule the appointment.
  • Activities with friends: If you are invited to someone’s house for dinner, try to be on time – you can be 5 or 10 minutes late, but if you are much later than that, you should probably call and let them know.
  • Parties: For a small party, arrive within 15 minutes of the time given. For a large party with many people, you can be 30 to 40 minutes late.

良い決まり事としては、遅れる場合はいつでも電話するか、約束に遅れることをその当事者に知らせるべきでしょう。もし電話できない場合は、時間通りに来れなかったことを謝罪するべきでしょう。

A good rule is that anytime you are going to be late, you should call and let the person you are meeting know you will be late. If you can’t call, you should tell the person you are sorry for being late when you arrive.

誰かがかなり早くその場を去ろうとしたりする場合は、次のアポイントメントに時間通り行きたいからでしょう。あなたのことが嫌いなわけではありません。

Sometimes, you may feel like someone is leaving very quickly or is in a hurry to leave. This may be because they want to be “on time” for their next appointment. It does not mean they do not like you.

もし約束に遅れる場合は、仕事をうしなったりアポイントメントをミスしたり、誰かを傷つけてしまうこともあるので、時間通りに動くことや時間に気を配る事への文化に慣れていく必要があるでしょう。

Being on time and being aware of time is a cultural difference you will probably need to adapt to because if you are late, you could lose your job, miss your appointments, or hurt someone’s feelings. If you have a hard time adjusting to the American sense of time, you may want to get a watch or phone that has an alarm to remind you of the time, especially for getting to work.

労働倫理

Work ethic

アメリカ人は、とても仕事にフォーカスしています。他文化から来た人は、アメリカ人は“働くために生きている”、もしくは、”仕事中毒“と考えるでしょう。アメリカ人が働きすぎということになります。アメリカ人が仕事に熱中している理由は、忙しくすることや活動的な事は良い事だとされているからです。例えば、誰かに初めて会ったとき、まず尋ねる事は、「何をしていますか?」つまり、「何の仕事をしていますか?」という意味です。

Americans can be very focused on their work. Sometimes people from other cultures think Americans “live-to-work” or are “workaholics.” This means they think Americans work too much. Part of the reason Americans are work-oriented is because being busy and active is often seen as a good thing. People also tend to identify strongly with their jobs. For example, when you first meet someone, one of the first questions they might ask you is “What do you do?” They mean, “What kind of work do you do?”

家で家族を世話している人は、ホームメーカー」と呼ばれ、他の仕事同じ位尊敬される仕事です。もし申請書等に職業を問われたとき、ホームメーカーと書く事は良いことです。

Men or women who work at home taking care of the family often call themselves “home-makers” and deserve respect for this occupation as much as any other. When filling out an application of any kind, it is OK to write “home-maker” as the occupation for someone who does not have a paying job outside the home.

消費者主義

Consumerism

アメリカ合衆国へのニューカマーとして、アメリカ人が物質主義(物を買うことを重視する)だと感じることもあるかもしれません。その理由の一つとしてアメリカ人は競争心や労働に価値をおいていることがあげられます。その影響で、例えば隣人が新しい車を買ったと聞いたら、自分も新車が欲しくなります。アメリカ人はこれを「近所の人に負けまいと見栄を張る」と言います。

As a newcomer to the United States, you may sometimes think Americans seem materialistic – focused on owning and buying things. Part of the reason for this is that many Americans value competition and work. Because Americans value competition, they want to “keep up” with those around them. This means, for example, if your neighbor got a new car, you might want a new car also. Americans call this “Keeping up with the Joneses.”

多くのアメリカ人は、働くことの価値を見いだし、強固な労働倫理を持っています。また、仕事での成功者かどうか、テレビや靴などのアイテムを見ています。アメリカ人は、一生懸命働いた努力の証としてそういったマテリアルのものを思い浮かべるのもしれません。

Many Americans value work and have a strong work ethic. Many Americans view material items such as TVs or shoes as a way to show they are successful at work. Americans may think of material items as rewards for their hard work and efforts.

アメリカ人が物質主義なもう一つの理由としてあげられるのは、新しいものやイノベーションに関心があることです。もしまだ問題なく使える携帯電話があったとしても、新しい機能に興奮して新しいものに変えたいと思うのがアメリカ人です。尊敬されるためにたくさんの制御をする必要はありません。シンプルな生活をすることや、自分の思うように暮らすことを快適に思うべきです。他人を圧倒するために物を買う必要はなく、緊急時、教育、退職後などのために貯蓄しておくのもいいでしょう。

Another reason Americans may be object-oriented is because many Americans value newness and innovation. So even if they have a phone that works, they may want a new phone because it has new and exciting features. You do not have to feel you must have lots of possessions to be respected. You should feel comfortable living simply or any way you prefer, maybe saving more money for emergencies, education and retirement rather than spending on objects to impress others.

上記のすべての内容は、アメリカの価値観のグローバリゼーションです。グローバリゼーションがいつも正しいわけではないですが、合っていることもあります。なぜアメリカ人がそのように行動するのかをよりよく知ってもらうために、グローバリゼーションを提供することが、RCOの目標です。

All of the above statements are generalizations of American values. Generalizations are not always true, but things that are often true. The goal of USAHello is to provide generalizations to help you better understand why an American may be acting in a way you do not understand. Remember, neither way is better than the other way – just different.

続きを読む

Learn more

Finish school and earn your GED®

Free online GED® preparation course

あなたの教育を終える

 

このページはお役に立ちました? スマイル うん 顔を顔をしかめ 違います
あなたのフィードバックをありがとう!